困窮者増加中!新型コロナウイルスで困窮した世帯の食料支援にご協力ください!

新型コロナの影響が収まらず、食糧支援の支援依頼・SOSが殺到しています。活動開始後約1年間で、既に延べ4000人を超える支援依頼が寄せられ、食料を無償でお届けしてきました。食料・資金が足りません。応援よろしくお願いします!

現在の支援総額

675,000

135%

目標金額:500,000円

サポーター

78

残り

終了

このプロジェクトは終了しました

このプロジェクトは、2021年03月25日に募集を開始し、2021年04月29日 23:59に終了しました。

2022年02月01日

活動報告と再度クラウドファンディング開催のお知らせ

これまでご支援いただいた皆様へ

お世話になっております
フードバンク仙台 代表の小椋亘です

御礼とこれまでの活動報告

皆さまのご支援により活動を継続することができましたことを深く感謝申し上げます。

やまない食糧支援依頼と相談依頼

当団体には、これまで1万人以上から「食べるのに困る」という食糧支援依頼が寄せられ、1万人へ21万食を無償で食糧支援してきました。

フードバンク仙台が最も大切にしている活動(相談支援)

フードバンク仙台の最大の特徴は『相談支援』に力を入れていることにあります。当団体では、直接、個人世帯から食料支援の依頼を受け付け、食糧支援を通して「どこにも相談していない」「そもそも相談先や社会保障を知らなかった」方々へ対して、状況に合った生活相談をおこない情報提供や支援機関の紹介、生活保護申請同行などを行うことで多くの方の困窮の改善をおこなってきました。
食料支援を入り口に、コロナ禍において非常に重要な相談機関の役割を担っているといえます。

2021年度 上半期活動報告書からみえた困窮実態と社会課題

上半期に食糧支援した延1,327世帯(延3,211名)への生活状況アンケートに基づく分析や事例、社会課題などを記載しております。ぜひご覧下さい。

▼2021年度 上半期活動報告書
https://drive.google.com/file/d/1Yac29ExSW2aZ4XGIATG0TaFBVa7ynzaz/view?usp=sharing

現在、クラウドファンディング実施中です(3/15まで)

無償性の活動のため活動資金集めに苦心しており、再度クラウドファンディングを実施中です。
フードバンク仙台は、引き続き食料支援と同時に生活相談支援に力を入れており、貧困や飢餓状況を解決するために、食糧支援+相談支援という一体化させた総合的な困窮者支援を継続していきます。
皆さまのご支援を、どうか宜しくお願い申し上げます。

▼現在実施中のクラウドファンディングのページ
https://machi-kuru.com/fp/65

各種イベント開催のお知らせ

要支援者・支援者等、誰もが参加でき暮らしに役立つイベントを無料開催しております。
ぜひご参加下さい。

●(2/11.金)『仙台から貧困のない社会をつくる~SDGS「貧困をなくそう」を実現するために~』
https://drive.google.com/file/d/1mC37By7eNtNGCvpI6_L-yayxMDJhn0XR/view?usp=sharing

●(2/18.金)『国民の権利である生活保護を知るセミナー』
https://drive.google.com/file/d/1fSvV9ZQKRQYMD1gpZql8kYYY65OkErgX/view?usp=sharing

※日々の活動は、当団体HPをご覧ください
▼フードバンク仙台 HP
https://foodbanksendai.com/

以上

引き続き“誰も困窮しない社会”を目指して活動して参りますので、皆さまのご支援ご協力を今後とも宜しくお願い申し上げます。

NEARBY PROJECT

おすすめのプロジェクト

「仙台七夕まつり」が今年も8月6・7・8日の3日間、開催されます。願いのおまつりでもある仙台七夕まつりにおいて、今年1月に発生した能登半島地震への復興の祈りを…

ページトップへ戻る