このままではもう限界。広瀬川灯ろう流しの魅力と想いを「ビジュアルコンセプト」を通して次世代に繋ぎたい!

広瀬川灯ろう流しの魅力と想いが、実は仙台の皆様にも伝わっていない?そんな現状を変える為に仕掛けるビジュアルデザイン見直し戦略。「仙台でやる花火の一つ」「地域の誰かがやっている地元のお祭り」ではない、灯ろう流しの想いを皆様に知ってもらい次世代に繋ぐためのチャレンジです!

現在の支援総額

368,000

73%

目標金額:500,000円

サポーター

30

残り

あと26

このプロジェクトを支援する

このプロジェクトは「All-In(即時支援型)」です。目標金額に関わらず、2024年08月09日 23:59までに集まった金額がファンディングされます。

2024年07月01日

公式サイトOPEN! そして今年のビジュアルデザインはこちら!!

このプロジェクトで皆様にご支援を募っている、
「イベント全体のコンセプトをきちんと伝えてもらうためのビジュアルプロデュースと、それを理解した上で制作してくれるプロのデザイナーさん」への制作依頼費。

イベントが8/20開催そのための各種広報は7/1がスタートというスケジュールだったため、このプロジェクトスタート前からビジュアルブランディングのためのディレクションとデザイン制作の依頼は行い作業は進めていただいておりました。

そして出来上がったものがこちらになります!
ゆらゆら水面に流れる灯ろうの色と光を、美しくデザインしていただきました。ゆらゆら水面に流れる灯ろうの色と光を、美しくデザインしていただきました。

・灯ろう流しは”花火大会ではなく灯ろう流しである”という原点に立ち帰り、その美しい風景をデザイン化。

・「ゆらゆらと、多彩な想い流れる 夏の終わりの出来事」と言うコピーライティングは
灯ろう流しを見つめながら様々な想いを感じ、その情景が記憶に残る夏の1日になるのだと感じさせてくれます。

・出力もこれまでのA2サイズからB2サイズへ一回り大きく印刷し、落ち着いた質感の紙に変更しました。

これから、長町・河原町エリアの商店街や町内に掲示されると思います。
こちらのエリアにいらした際にはぜひ実物をご覧になってみてください。

OPENとなった公式サイトでは、今年新たに行う様々な取り組みについてご案内しております。
例年とは変更になっている点も多々ございますので、イベントにいらっしゃるご予定の皆様は必ず目を通してみてください!

ページトップへ戻る