多賀城市の新たなイベントスペースをカレーで盛り上げたい!

初開催『歴史と多賀城カレー市』! 美味しいカレーが集まります。

現在の支援総額

264,000

88%

目標金額:300,000円

サポーター

122

残り

あと2時間

このプロジェクトを支援する

このプロジェクトは「All-In(即時支援型)」です。目標金額に関わらず、2022年05月25日 23:59までに集まった金額がファンディングされます。

ご挨拶

はじめまして。
今回のプロジェクトの代表者の加藤宏幸と申します。

2016年から宮城県仙台市で3FLAVOR CURRYというカレー店を経営しております。
僕は生まれも育ちも多賀城で、現在も多賀城に住んでいます。

このプロジェクトで実現したいこと

それは新たなイベント場所を多賀城市に創ることです。

多賀城市のご紹介

多賀城市は奈良県の平城宮、福岡県の大宰府と並ぶ日本三大史跡が残る街です。

その歴史はとても古く、奈良・平安時代は東北地方の政治・軍事・文化の中心地とされていました。

そんな多賀城が令和6年に創建1300年を迎えます。

多賀城市は現在、市をあげてこの記念すべき年に向けて歴史的建造物南門、及びその周辺地域の整備事業を行っております。

プロジェクトを立ち上げた背景

整備が完了すれば悠久の歴史が感じられる非常に価値のある場所として生まれ変わります。

歴史的な価値もさることながら、この場所は

東北本線国府多賀城駅からほど近く

隣接する仙台市や塩釜市、利府町や七ヶ浜町から車でのアクセスも良く、

すぐそばに高速道路のインターもあります。

また喧噪や騒音も少なく、南門が建つ丘の上ではきれいな桜が咲き、今なお自然環境が残された場所なのです。

丘のふもとは今後道路の舗装され、公園内には芝生が敷かれ、駐車場やトイレもきれいに整備されています。

つまり野外イベントを開催するのにもってこいの場所でもあるのです。

ですが、せっかく整備された環境も認知されなければ意味がありません。

実際に地元に住む皆さんが活用できる場所でなければ、お金をかけて整備事業を行ったは良いが住民の皆さんの生活と切り離された場所になってしまいます。

そこで。

現在復元工事が行われている南門周辺の公園が、今後多賀城に住む皆さんにとって楽しめる場所になるように。

そのモデルとして、公園内でカレーイベントを実施します。

『歴史と多賀城カレー市』

【日時】5月29日(日) 11:00~16:00
【場所】多賀城中央公園広場(多賀城市市川)
※雨天決行

市内外から美味しいカレーを提供しているお店をお呼びして
カレー市の開催です!

イベントの協力者

今回このカレー市を多賀城市で100年続く農家さんみそらの郷の加藤真崇さんと一緒に立ち上げます。

加藤さんは震災を機に仙台で勤めていた会社を退職し

実家の農業を引き継ぎ、お米づくりや味噌の製造の他

多賀城の特産品である古代米の唯一の生産者として精力的に地元を盛り上げている方です。

多賀城カレー

昨年から『みそらの郷』加藤さんと共同で多賀城にちなんだカレーの考案・開発を進めておりました。

多賀城の持つ『歴史的価値』をカレーで表現することがテーマです。

僕の出した答えは2つ。

①多賀城の特産品『古代米』が引き立つカレーであること。
②多賀城の歴史伝説が由来の日本酒『おもわく姫』を使用すること。

これらを踏まえて誕生した

『多賀城カレー』

スパイス感が主張しつつも優しい風味のキーマカレー。
ご飯自体の旨味が感じられるような味わいです。

鶏肉を『おもわく姫』と米糀にじっくり漬け込み蒸し焼き
しっとり柔らかな食感と糀の旨味をまとわせた『酒蒸鶏』。
ご飯と抜群の相性です。

印度のスパイス感と郷土多賀城のどこか懐かしい味わいが感じられるカレーに仕上がりました。

東京のカレーイベントや限定販売などでお客さんの反応を見ながら試行錯誤を繰り返し
今年1月には多賀城市長を交えた試食会にて確かな手ごたえを実感しました。

イベント内容

【歴史と多賀城カレー市】

多賀城初となるカレーイベント。

まだまだ認知度が低い南門のふもとの公園でのチャレンジです。

この場所で『多賀城カレー』のお披露目と同時に

仙台で人気のカレー屋さんと地元多賀城のお店に協力して頂き
個性豊かなカレーを集めた『小さなキッチンカーマルシェ』を開催します。

今回のイベントの趣旨として、お米は多賀城の特産品の『古代米』を使用し
カレー屋さんは各々『古代米に合うカレー』を提供して頂きます。

また物販ブースを設け、おとなり塩釜市の『みなと塩竃海保カレー』と
利府町の『梨カレー』のレトルトカレー販売も行います。

来場してくれたお客様は、それぞれ個性豊かなカレーの食べ比べを堪能して頂きながら
のんびりと多賀城の悠久の歴史感漂う新しいイベント場所を楽しんで頂ければと思います。

出店するお店

今回参加予定の店舗をご紹介いたします。
それぞれ個性的なカレーを提供する6つのお店がの出店です。

【カレーショップ桜蔵】

仙台市太白区西多賀で創業18年。

香味野菜のブイヨン、熟成トマトペースト、独自のスパイスブレンドを
3日かけて仕上げる本格欧風カレーのお店です。

今回のイベントでは、じっくり丁寧に作られた奥深いカレーソースと
ジューシーなスペアリブを贅沢に合わせたカレーをご堪能頂けます。

【カリーハウス マシャーーラ】

仙台市青葉区旭丘にある猫が目印のカレー屋さん。

多種多様な飲食ジャンルに長年携わった店主が生み出すカレーは自由奔放で唯一無二!

今回はグルジア料理の『シュクメルリ』をアレンジしたカレーを引っさげての登場です。

食べやすいマイルドなホワイトソースの中にほのかなガーリックの香味。

斬新なトッピングが心躍る『カレー界の二郎系』!

いま仙台で人気急上昇中の注目店です。

【キッチン アンバース】

塩釜市に拠点を持つ神出鬼没のテイクアウト&デリバリー専門店。
キッチンカーを武器に多種多様な料理を変幻自在にお弁当にしてお届けしています。

今回はいま人気絶頂のトマトカレー&グリーンカレーを提供!
古代米との相性も抜群です。

【グリーンゲイブル】

東北歴史博物館の専属レストランとして20年余り。

古代米を知り尽くした店主が作るカレーはスタイリッシュの中に
日本人の郷愁感をくすぐる懐かしい香りが漂います。

『さくら米カレー』

飴色になるまでじっくり炒めた玉ねぎと、野菜の旨味が溶け込んだスープから作られたカレーソースは
子供からお年寄りまで幅広い年代に愛される優しい味わいです。

【インドレストラン ガネーシャ 多賀城店】

創業以来「日本人が食べやすいインドカレー」を追求。

本格的なインド料理のなかに、スープカレーやどんぶりなど
他のインドレストランには見られないユニークな料理が楽しいガネーシャ。

スパイス感がありながらも優しいインドカレーが登場します。

今回出店するお店では唯一焼きたてのナンをご提供!

【3FLAVOR CURRY】

『和と印の親和性』をテーマに
インドのスパイスと日本の和の素材の融合したカレーを目指す3FLAVOR CURRY。
スパイスと多賀城の歴史が香る『多賀城カレー』が完成!
今回のイベントでお披露目です。

リターンについて

希望するお店のカレー(レギュラーサイズ・ハーフサイズどちらでも)を
1杯食べられる『応援券』を当日イベント会場でお渡しいたします。

【カレーショップ 桜蔵への応援券】 2,000円

【カリーハウス マシャーーラへの応援券】2,000円

【キッチン アンバースへの応援券】 2,000円

【グリーンゲーブルへの応援券】 2,000円

【インドレストラン ガネーシャ多賀城店への応援券】 2,000円

【3FLAVOR CURRYへの応援券】2,000円

頂いた支援金の使い道

皆さまから頂いた支援金は今回のクラウドファンディングの手数料を引いた後
各お店への応援(売り上げ)と今回のイベントの運営にかかる経費に充てさせて頂きます。

イベント中止の際について

新型コロナウイルスの感染拡大や突発的な災害などで、やむなく5月29日にイベントが開催中止となった場合は、
同内容の企画を時期をずらして実行することをを検討しております。
集まった支援金はその際に使わせて頂きます。

最後に

今回イベントで盛り上げようとしている場所はまだまだ知名度が低く公に利用されていません。

ですが令和6年の整備事業終了を境に多賀城悠久の歴史を体感できるとても価値のある場所に生まれ変わります。

今は小さくても僕たちが最初にイベントを開催し毎年定期的に企画実施することで、
この場所が野外イベント場としての価値が生まれ、その輪が少しずつ広がり....。

例えばフリーマーケットや

音楽イベントや

地元農家さんの野菜市など...。

多賀城市に住む人たちが自由に参加し、生活に活気と賑わいを与えられるような場所になるように。

今回のカレーイベントがその第一歩目になるのなら
多賀城で生まれ育った僕にとってこんなに嬉しいことはありません。

皆さまのご支援とご声援を
そうぞ宜しくお願いいたします。

3FLAVOR CURRY
店主 加藤宏幸

SHARE

コメントをシェアしよう

ページトップへ戻る