東北を愛するあなたと、東北に"ワクワクする"若者を増やしたい!

大学卒業後の首都圏への人材流出が激しいこの東北という地域にも、「東北の可能性を信じて”本気で”挑戦している大人がたくさんいる」ということを、同世代の”若者”達に伝えたい。そんな想いを胸に、若者が東北に"五感でワクワク"するイベントを開催します。

現在の支援総額

101,000

101%

目標金額:100,000円

サポーター

11

残り

終了

このプロジェクトは終了しました

このプロジェクトは、2017年01月17日に募集を開始し、2017年02月09日 23:59に終了しました。

みなさん、こんにちは!
東北若者10000人会議 実行委員会、代表の佐々木崇宏です。

代表 佐々木崇宏代表 佐々木崇宏

私たちは、大学卒業後の首都圏への人材流出が激しいこの東北という地域にも、「東北の可能性を信じて”本気で”活動している大人がたくさんいる」ということを、同世代の”若者”達に伝える活動をしています。
東北若者10000人会議は2015年11月に設立され、2016年2月には『東北若者10000人会議 First in Sendai』を開催。400名近くの参加者と31の社会人ゲストが参加する、東北でも最大級のイベントとなりました。
しかし、たった一回のイベントでは問題の根本的な解決には至りません。
数年、いや数十年活動を継続して初めて成果が出せるものだと思います。
そこで、東北を愛する皆さんのお力をお借りし、一緒に東北を盛り上げていきたいと思っています。

2011年3月11日。私の故郷、岩手県宮古市を東日本大震災が襲いました。
当時14歳の私は、地元のために何かしたいと強く思いながらも、何もできない無力感を感じていました。
そんな私の転機は高校時代、高校生が社会に関わりを持つきっかけ作りを行っている、NPO法人みやっこベースに参画したことでした。
活動の中で最も印象に残っているのは、震災で傷ついた地元の方々を元気づけるために、宮古に一つしかない映画館で行った「無料上映会」です。私たちが地元の方一人一人に整理券を手渡しして集客した結果、50名上限の映画館に100名以上が来場する大盛況となりました。

みやっこベースの活動みやっこベースの活動

自分たちの創り上げた企画に参加した人が笑顔で帰っていく姿を見て、若者だからこそ地元に貢献できることがあるのだと身をもって感じました。
このような企画立案を通して、高校生ながらも宮古の未来について考える中で、私の”軸”ともいえる『地元愛』が深まっていきました。
その軸を活かすべく選んだ進路は、宮城大学の事業構想学部。
私は『将来は必ず、宮古に戻ってきたい!!』というアツい地元愛をもって、東北最大の都市である仙台での生活を始めました。

ところが、仙台での大学生活を始めて気づいたのは、東北全体で見たときに、地元に可能性を感じている若者は多くないということです。
学都 仙台と呼ばれるだけあって、仙台には東北の各地から学生が集まってきます。
仙台で出会った東北ゆかりの友人たちの中には、私と同じように地元愛にあふれた学生たちもいましたが、一方で、
『山形のために何かしたいという気持ちもあるけど、もし戻っても本気でやりたい!と心から思える仕事が無いから…』
『実家のある青森より東京の方が安定してそうだし、卒業したら東京へ行こう。』
と、思っている学生も少なくありませんでした。

仙台 大学生の進路仙台 大学生の進路
上のグラフは、仙台周辺の大学のうち生徒数が多い2校の卒業後の進路をグラフ化したものです。実際に大学進学を機に仙台へ来た学生の半数以上は卒業後、東北の外へ出て行ってしまうという現状があります。
このように仙台に来て最初の約1年間は、私自身がポジティブに捉えている東北に、多くの若者たちが可能性を感じていないというギャップに悩んだ一年でした。

そんな時期に知り合いの先輩を通じて見つけたのがこの『東北若者10000人会議』でした。

東北若者10000人会議 運営メンバー東北若者10000人会議 運営メンバー

東北若者10000人会議は「若者が未来に”ワクワク”し続ける東北を創る」をコンセプトに学生を中心とした若者が主体となって、若者と東北の関わり方を考える団体です。
具体的には、東北の可能性を信じ、”志”を持って社会課題に挑戦するカッコいいプレーヤーの方々と、「東北には“ワクワク”するような仕事がないから、東北に暮らせない。」と思っている若者が東北で挑戦する人や企業と出逢うきっかけとしてのイベントを企画しています。
運営メンバーもアツい志を持った学生ばかりで、私と同じように東北出身で地元愛にあふれたメンバーから、首都圏や関西出身というヨソモノでありながら東北を愛してやまないメンバーまで、実に様々でした。
似たような想いを持ったたくさんの同志を見つけた私は、この団体でなら『東北にゆかりある若者たちが東北の可能性を感じていない』という課題を、解決できるに違いないと思い、代表を務めることを決意しました。

東北若者10000人会議 First in Sendai東北若者10000人会議 First in Sendai

2016年2月に行われた第1回イベントでは、プレゼンテーションや畳の上での座談会を企画し主に対話を中心とした内容でしたが、参加者の多くはすでに東北に何らかの形で関わっている人がほとんどでした。
しかし私は更に、東北を愛する人なら、誰もが参加しやすく足を運びやすいイベントを開催し、参加した若者が自然と東北に希望を感じることができるイベント開催を目指しています。
そこで私たちが考えた、第2回イベント『東北若者10000人会議【2017冬の陣】』のコンセプトは、ずばり”五感で感じる東北”
難しいことは考えなくても、食や体験を通して、東北各地の魅力を再発見することで東北の可能性を感じてもらうために、2月10日・11日の2日間、計4部構成で開催いたします。
会場は、有名アーティストのLIVEも数多く開催されている仙台PIT。
昨年以上に規模を拡大し、正真正銘の東北最大のイベントに向けて準備を進めています。

◆東北若者10000人会議【2017冬の陣】◆
--------- 【 DAY 1 】2/10日(金) ---------
1部:出陣〜2025年の東北に向けて動き出す〜
2部:ZENYA祭 〜東北発のエンタメで荒ぶる〜
--------- 【 DAY 2 】2/11日(土) ---------
3部:冬の陣 〜東北の挑戦と出逢い、踏み出す〜
4部:宴-UTAGE- 〜東北を味わい尽くす〜
 
☆イベントの企画の詳細についてはFBイベントページをご覧ください☆**

東北若者10000人会議 First in Sendai 集合写真東北若者10000人会議 First in Sendai 集合写真

私たちはこのイベントを通して、東北の若者たちにもっと”ワクワク”してほしいと思っています。
東北という地域は『課題先進地域』と呼ばれるほど、社会課題が山積した地域です。
高齢化や人口流出など、ネガティブな言葉で溢れている東北の現状を、若者の力で変えていく。私たちは東北若者10000人会議が、東北と若者の未来を、もっと明るいものにしていくと心から信じています。
現在、学生を中心とした有志のメンバーが、四苦八苦しながらも一丸となって「渉外活動」「資金調達」「広報活動」を進めています。
しかし、イベント開催のためには会場費等を含めた運営費がまだまだ足りておりません。
今回のイベントを成功させ、東北若者10000人会議を今後も継続していく活動としていくためには、皆さんのご協力が不可欠です。

私たちは東北を愛するひとりでも多くの方と共に、今回のイベントを創りあげたいと思っています。
東北をもっと”ワクワク”にあふれた場所にするため、ぜひ皆さんのお力を貸してください。どうか、ご協力お願いいたします!

SHAREコメントをシェアしよう

NEARBY PROJECT おすすめのプロジェクト

SUCCESS

石川かおりが描く美しくて幻想的な詩画集を出版し多くの方へ届けたい!

ページトップへ戻る